ハーブの新しい機能性「エゾウコギ」

昨日のグリーンフラスコのセミナー

instagramでは「サフラン」について書きましたが残りのハーブについても

共有していきたいので長文失礼致します。 .

「注目を集める6種のハーブの新たな機能性」ということで

.グリーンフラスコ 代表の林先生より

新しく見つかった6種のハーブの効能についてレクチャーいただきました。


◯エゾウコギ(蝦夷五加) 別名:シベリア人参

国内では北海道に自生する落葉低木。

滋養強壮として知られていたが、

最新の研究で

Tie2活性化・エストロゲン調整作用があることがわかったとのことでした。

Tie2とは血管内皮細胞に発現する受容体型チロシンキナーゼで

血管を守るために重要な役割を果たします。

血管の老化によって血管は隙き間ができていくらしい。

Tie2について詳しくは下記サイトの動画を見るととても分かりやすいです。

参考サイト(健康美容EXPOより)

エゾウコギは高血圧の方には注意が必要なハーブ。

サプリメントも出ているのでぜひ取り入れてみたいハーブの一つです。


0コメント

  • 1000 / 1000